ゴールドジムのメリットを市営ジムに3ヶ月間通った後強く実感した話。

ゴールドジムから市営ジム

こんにちは。トニーっす。

本日も散髪後にゴールドジムにて筋トレ予定。

最近9月からゴールドジムに復帰をしたが、明らかにパワーも上がったしやはり市営ジムに通うよりかはゴールドに通ったほうが筋トレの質が良くなるのだなと実感しています。

筋トレは良いよ、筋トレ。


もちろん、人によって考え方はあると思いますが、ゴールドジムと市営ジム。2つに通っていてわかったこととしては。

ガチで筋トレをやるならば素直にゴールドジムに通ったほうが良い。

ということ。

特に初心者ほどゴールドジムに通い、ガッツリと筋トレをして筋肉をつけることをおすすめしたい。


今回は、実際にゴールドジムに通っていたが、3ヶ月間市営のジムにも通った俺が、改めてゴールドジムがいいなーと感じたその感情の流れを時系列で纏めておきました。


もしゴールドジムに通うことを検討している人がいるならば、参考にしていってください。個人的に周りの空気に左右されやすい人ほど、ゴールドジムがおすすめです。


筋トレ始めて初っ端から、ゴールドジムに通っていた。

過去の記事でも書いたが、僕自身が筋トレを始めたのは2018年の12月。

始まるきっかけになった経営者さんがゴールドジムに通っていたので、俺も同じようにゴールドジムに通うところからジム通いが始まりました。

まさかこんなに続くことになるとは思わなかった。


当初の俺の印象は「ゴールドジム」=「筋トレをガチで頑張る人の場所」

「ジム」=「走る場所」

くらいの認識だった。

正直走れればいいだろーくらいに考えていた俺にとってジムの月額で1万円以上の金額を払うというのは、なかなかに考えられない出費だったんです。

いや、そんなお金払わなくとも走るんだったら、ジムとか行かなくて家の周りとか走ってればいいんじゃね??

という感覚。

ただ、改めてジム通いになってから、マシンを使った筋トレや、フリーウエイトトレーニングを積むためにはこれはジム通いのほうが良いという事を改めて知っていきました。

大きく変わった体つき


とまぁ、明らかに体つきが変わったし、全く体調を崩さなくなった。

個人的には体重が筋トレを始めてから1Kgしか増えてないのが驚きでしたね。
(63kgが64Kgになった)

胸板が厚くなり、腕は太くなり、背中も大きくなったのにも関わらず体重はそんなに変化していないってことは明らかに体の脂肪が筋肉へと変わったことを意味している。

プロテインも美味しいと感じられるし、知識も増えるし、とりあえずジムに行くならば筋トレが大事だなーと思うくらいに思考の変化がありました。


とはいえ、人というのは環境にはすぐ慣れてしまう。

通い始めたゴールドジムだったが、一時期は誘ってくれた経営者とも一緒に行かなくなり、体つきも一旦良くなったこともあり、もうそこまで鍛えなくても良いかもなー・・・・。



というモチベーションが落ちる時期がやってきました。

引っ越した後、家の目の前に徒歩2分で市営ジムがあった。

そんな事を考えながらゴールドジムへと通う日々を過ごしていた所、ふと、家の目の前にある市営のスポーツセンターのジムが気になった。

会社を退職してから、場所を変えたくて自然の多い場所に引っ越していたが、なんとその場所の目の前には市営のスポーツセンターがあり、中にはジムも併設されていたんです。

たまにゴールドにも行く気力がない時には通ったりもしていたが、家の目の前ということもあり、移動にも負担がまったくないことは非常に楽だった。

そもそもゴールドジムは家の近所にはない。

電車に乗っていかないといけないので、行くだけで30分はかかるし、電車賃もかかってしまう。

地味に電車でいくのが面倒になっていた。


その点、家の前の市営ジムならば移動は徒歩2分だ。

電車賃とか余計なお金もかからないし、行こうと思ったらすぐに通うことも出来る。代金だって一回の利用で320円だ。

ゴールドジムの会員費が13000円のことを考えると(関東エリアメンバー)市営ジムに仮に週3で通ったとしても月に4,000円以下に収まる。

電車賃とかも含めたら普通に1万円以上の違い。

そりゃあ、マシン器具とか設備に関しては大きく劣ってしまうのが事実だが、別に体を軽く鍛えるくらいならば市営ジムで十分だろう。

そういう考えになるまでにそこまで時間はかからず。

俺は5ヶ月ほど通ったゴールドは一旦休会して、基本的に市営ジムに通うようになりました。

そこからは、市営ジムに週2〜3程度で通うようになる。

ゴールドジムへの復帰、離れてわかったゴールドの良さ



で、結局ゴールドジムに復帰しました。

やっぱりゴールドのほうが筋トレしやすい。

話をすっ飛ばしてしまったが、結局の所ゴールドジムのほうが設備が圧倒的に良いし、明らかに体の変化が伸び悩んだことに気づいた。というのが一番の理由ですね。

で、ここからようやく、ゴールドジムと市営ジムの設備面の違い。に関して主観ながら纏めておこうと思います。

基本的に設備面の話になるから、ゴールドジムの方がよく見えるのはご愛嬌です。

①圧倒的なフリーウエイト設備の違い。

他のジムに行ったことがないからわからないんですが、ゴールドジムはフリーウエイトの設備が充実しているように感じています。

ベンチプレスをする場所は5〜6箇所はあるし、そのうえでバーベルスクワットが出来るパワーラックは3〜5個置いてある。

最初はこの価値をわからなかったんですが、ジムに行ったら基本的にフリーウエイトでトレーニングが出来るというのは価値としては非常に大きい。

というのも、市営ジムに関してはフリーウエイト設備がそこまでは揃っていないからです。

僕が行っていた市営ジムは決して古くもなく、むしろ市営ジムならば良い場所とも思えるような場所だったのだが、それでもフリーウエイトに関しては

スミスマシンが一つ

パワーラックが一つ

ベンチプレスが一つ

しか無かった形でした。

当然ながら予約制だったし、ジムに行った後一時間は待たないと使えない。という日が大半だった。

もちろん、ここに関しては人によっては気にしない人もいるのだと思いますが、ベンチプレスの記録にひとまず重点を置いている僕にとって、フリーウエイトトレーニングが出来ないのは致命的な問題です。

毎回行く度にストレスを感じるようになっていたし、結果的に鍛えずに帰ってしまう日も出てきたからこれならばゴールドに通ったほうが精神的にも良いかもな。と思って復帰を決意した要因の一つでした。

行く度にフリーウエイトトレーニングが必ず出来る。という恩恵はめっちゃでかいっす。

②お風呂が付いている。

市営ジムにもシャワールームはあったが、やはりトレーニング後にお風呂に入ることが出来るのは大きい。

湯船の中でストレッチが出来るし、そのおかげで体の疲労感が一気に取れるのを感じる。

ゴールドの中では湯船が付いている店舗とついてない店舗があるからそこは確認が必要になるが、俺の家から近いゴールドには、幸い準天然温泉の広いお風呂が付いていました。

サウナもあるし、トレーニング後の爽快感と合わせて「頭の疲れ」が一気に取れる。

医学的根拠などはわからないが、体をほぐすことにも繋がるし、トレーニングの質を高められる感覚があるから、これもまたおすすめです。

③プロテインバーのプロテインが普通に美味い。

これは自分なりにプロテインをあれこれ飲んできた上で感じることなんですが、、、

やっぱりゴールドジムのプロテインは普通に美味いです。

色々、と言っても5種類くらいしか飲んできていないが、その上でゴールドジムのプロテインは飲みやすいし美味しい部類にあると感じている次第ですね。

大抵のゴールドジムはラウンジにプロテインバーが併設してあって、そこでプロテインを注文することが出来る。

値段としてはプロテインが20gで210円、30gで310円というところだ。(店舗によって地味に50円位価格が違う)

めっちゃ安い!!というほどでもないが、そこまでバカ高い金額でもない。


ちなみに、プロテインは味の種類も豊富で、毎回7種類くらいある中から一つを選んで飲んでいます。

トレーニング後にすぐに美味しいプロテインを飲むことが出来るのも、個人的に嬉しいポイントの一つです。


結論、ガチで体を鍛えるならばゴールドジムのほうがおすすめ。

という結論になりました。

まぁ、そりゃそうだろ。と思われてしまうかもしれない結論なんですがトレーニングの質自体が圧倒的に向上するから、必然的にメンタル面にもいい影響があるように感じますね。

副次的な面だと、当然ながら市営ジムよりもゴールドジムのほうがガチ勢が多い。凄まじい筋肉や体つきをしている人も多く、皆がストイックだから必然的に気合が入るのは感じます。

流れる空気感と言うか、ストイックな人が多いからストイックな雰囲気が存在してますからね。

周りの空気なんて一切気にしないって人は別かもしれないですが、僕みたいにすぐ周りに触発されるような人間はそういった意味でもおすすめです。



じゃあ、そんなゴールドジムの一番のデメリットはなにか??と言われたら当然ながら

市営ジムよりもお金がかかること。

ですね。

前述のとおりですが、市営ジムならば週3で通っても4000円以内に収まる。

俺の場合は徒歩が電車移動になるわけだし、電車賃やプロテイン代金、それと月額の会員費を合わせたら普通に月に2万円位になってしまう。

15000円ほどの違いは出てきてしまう。

ただ、これに関しては俺自身の状況からすると、別に大した問題ではないことに気づいたのも、ゴールドジムに復帰した理由の一つです。

というのも、僕は元々酒もタバコもギャンブルもやらないし、月に贅沢をしようと言ってもこういったジムに通うか、食事を少し贅沢にするくらい。

月に使う金額が上がったとしても5万位。別に副業禁止の会社員でもないわけだから。

5万くらい自分でそれ以上稼げばソッチのほうが良いだろう。

って、考えにシフトチェンジしたんです。

なんというか、少し守りの思考に寄りすぎていたなーと感じてまして・・・。

そうやって行動の制限となる節約を外してみた所、明らかに筋トレのトレーニングの密度は上がったし、パワーアップもしました。

ついでに言えば、収益も5万どころか普通に今までの月の最高月収を更新しました。

変わらず市営ジムに通い続けて守りの思考でいたら、多分こういう結果も出てこなかったのだろうな。とは思っています。

あまり関係のない事柄のように感じるかもしれないですが、基本姿勢を攻めの姿勢に持っていくことは「無駄な出費を減らすこと」と同じくらい大切なことなんですよ。

とはいえ、別に市営ジムに行っている人を否定しているわけでもないし、市営ジム=駄目な所。というわけでもありません。

僕は今はこういう思考ですが、実際問題としてお金がかかるのは嫌だって人の気持ちも十二分に理解できます。(むしろそう思って3ヶ月は市営に行ったし)

あくまでガチな筋トレをしたかったり、僕みたいなフリーウエイトを重視してるならばゴールドジムのほうがおすすめ。という話ですね。

ひとまず、ガチでの筋トレを考えている人は是非一度ゴールドジムに行ってみることを個人的にオススメしておきます。

別に必要ないなーと思えば、休会もいつでも出来ますしね。



この記事を、君の人生の糧にしてくれることを期待する。




それじゃあ。





PS,9月に出した電子書籍「Twitterの教科書」がアマゾンランキングにて一時的にですが、総合ランキング1位、ベストセラー1位に選ばれました。

Twitterの教科書1位

半年で9000人フォロワーさんに集まってもらうまでに意識したことを踏まえて、「11個のTwitterではやってはいけないこと」を記載しています。

Twitterに力を入れようとしている場合は入門書としてぜひご活用ください。
Kindle Unlimitedの場合は、無料で読むことが可能です。)

出した電子書籍「Twitterの教科書」はこちら。



この記事が読んだ人が見ている記事はこちら。


メルマガでは
・今トニーが動いている最新情報。
・メルマガメンバー限定の特別セッションなどのオファー
・突発的に思いつく、個人的な気付きなどをメインに流してます。

ネットの活用法や稼ぎ方はおまけで流してます、そんなメルマガメンバーへの登録はこちらからどうぞ。




LINE@も完全不定期でやってます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です