愚痴ばかり言う人がより不幸になっていく根本的な理由

愚痴ばかり言う人が不幸になる理由

どうも、ニートのトニーっす。

本日は、こんなツイートをしてみた。

愚痴ばっか言うやつからはさらっとフェードアウトする。


ツイートのとおりだが、俺は基本的に愚痴ばかり言うやつとはほとんど付き合いがない。

このツイートは実際にツイートでやたら身近の人の愚痴を言う人を偶然見かけたから思ったことなんだが。(徘徊してるとたまに目につくんよ)

愚痴なんてものをTwitterに発言するのは、自分自身にとってデメリットのほうがでかい。

と心から思っている。


というわけで、今回の記事は

「愚痴を言う人がより不幸になる根本的な理由」

に関して執筆していくこととする。

周りに愚痴を言う人がいるとか、愚痴ばかり話している状態にある人は一つ参考にしてくれれば幸いだ。

身近な人の愚痴を話すことの愚かさ

愚痴の中でも特に言わないほうが良いなと思うのは「身近な人の愚痴」をこぼすことだ。

理由はシンプルに3つあって

①自分は身近な人の愚痴でも容赦なく話す人間ですよ。とアピールすることになる。

②その愚痴を巡り巡って本人が聞いたら、良い展開には成りえない

③そもそもその愚痴を聞いてて楽しくない

ってこと。それぞれ書いている通りだが、これに関して一つ一つ説明していこう。

①自分は身近な人の愚痴でも容赦なく話す人間ですよ。とアピールすることになる。

まずはシンプルにこれで、自分にとって距離の近い人のことを愚痴るということは、愚痴った相手に「私はこんな距離の近い相手のことを愚痴るんですよ」とアピールしてるのと同じことだと思っている。

当然ながら、愛に溢れたディスとか、ユーモアの気持ちがあるんだが、表現方法が愚痴に聞こえてしまっているだけ。ならばそれは別だが。

「距離の近い人のことを悪く言う人」と距離を近づけたいと普通は思うだろうか?

ってことだ。

少なくとも俺はそんな人と距離を近づけたいとは思わない。

自分のことを自分がいないところで悪く言う可能性が高いと思われる人と付き合いたいと思う人の方が正直稀だろう。

それで集まってくる人は、愚痴を自分も話したい人か、その点は目を瞑っておけば自分に何かしらの利益があると思えるような打算要素の強い人になる。

そういう人を集めているのです!というのならばそれはその人の勝手だが、オレ個人としてはこういった人に集まってもらいたいとも思わないからな。


さらにいえばだが、身近な人の愚痴を言うということは

「自分はそんな愚痴を言いたくなるレベルの人と日々近くにいるんですよ」

というアピールにもなると思っている。

例を上げれば、自分が付き合っている彼女がいて、その彼女のことを「そんなに可愛くないし、マジで性格ブス!!」と愚痴ってるやつがいたとしたら、

「俺はそんなに可愛くなく、性格ブスの彼女としか付き合えないし、その相手も変えることが出来ない男なんです」

とアピールしているのと同じってことだ。




シンプルにさ。かっこ悪いだろそんなやつ。

②その愚痴を巡り巡って本人が聞いたら、良い展開には成りえない

2つ目はこれで、実際に「自分の身近にいる人があなたの愚痴をめっちゃこぼしていたよ。」と言われて当人にいい気持ちを浮かべる人間がいるだろうか?

という話だ。


まぁ、いい気分になる人間は少ないだろう。

もちろん、なかなか心を開けなくて、ついその友人にはその言葉を吐き出してしまった。と言うならばわかるし、自分が不満を話せるような環境を作れていなかったという反省には繋がる可能性はあるだろうが。

人を傷つける可能性が高い未来に繋がる行動を取ること自体、ぶっちゃけナンセンスとしか思わない。

それに、そういう反省をする可能性のある相手ならば、直接相談したり、話し合ったほうが良いだろうしな。

そう考えたら、常に愚痴を言うなんて選択肢は自分にメリットがない。

本当にメリットのない行動をしていられるほどの、時間も余裕も俺にはない。

③そもそもその愚痴を聞いてて楽しくない

あとはこれだ。

そもそも愚痴なんてずっと聞いてて楽しいものではない。

もちろん、生きていれば人と接していればたまには愚痴を言いたくなることはあるだろう。そういう時は吐き出せばいいと思うし、別に俺は愚痴を言うこと自体を否定しているわけではない。

だけども、常に愚痴を聞かされる相手の身を想像したらだが。

「いや、いつも同じこと言っててそれが嫌なら、とっとと解決してこいよ」

って思うのが人間の感情の一つであるだろう。


もちろん、たまに吐き出したくなるような気持ちやそういう瞬間での言葉は非常に大切だと思うがな。

愚痴を言うと自分のステージが格段に上がりづらくなる。

人生を生きる上で「ステージを上げること」は個人的に非常に重要視している。

その中でも愚痴を常に吐くということは、自分のステージを下げること。に繋がっていく。

先程も書いたが、身近な人の愚痴を話すのは「自分はこれくらいの人としか付き合えない人間です!」とコミット(宣言)してるのと同じことだからな。

当然ながら、そういう人間のままでいようとするようになるだろう。


あとは寄ってくる人間も「同じような不満を持ち、愚痴言いたい人」が寄ってくる。

こういう人達をあえて集めてその不満を全て解消して、より自分自身が高いステージへ向かう人生を歩んでいきましょう!!という裏テーマがあるというのならば話は別だが。

それならば「こういう不満が合ったけども、解消できたよ!」
「こういう不満があるけども解消しようと思ってる」っていう、

愚痴ではなくて前向きな発言をしていたほうが、解決しようとする意思を持った人が集まるだろう。


だから、個人的にも常に愚痴を話しているやつは相手にしないようにしている。

その人のことを嫌いとか好きという話ではなくて、純粋にステージをあげようと行動を続ける人と一緒にいる時間のほうが自分にとっては大切な時間だからだ。


自分の未来にとって、良い行動を選択しよう。

とまぁ、色々書いてきたが。

途中にも書いてあるとおりで俺は別に愚痴を言う事自体は何も悪いことだとは思ってない。

誰だって生きていれば不満の一つや二つどころか、大量の不満を抱えることもあるだろう。
それを誰にも話すなとは言わんし、直接言えないような関係性だってある。

離れろって言ったって、なかなか離れられない関係性もあるだろう。

そんな中で、愚痴を吐き出すような瞬間があるのは、精神衛生上大切なことだ。


ただ、常に愚痴を吐き出しているのは、純粋に自分自身にメリットはない。ってのが実際の現実だ。

自分の現実を変えるのは行動しかないわけだし、周りに負の感情を撒き散らして自分の徳を削って生きるならば。

とっととストレスは発散してその現状を変えるような策を打つ方がより人生は発展していくだろ?って思っている。


あとは、そういう人が仮に周りにいるのであるならば、無理に変えようとするのではなくて、一時的にでも良いから距離を取ることをおすすめしている。


自分が成し遂げたいことややりたいことが有るのならば、誰かの感情の発散に時間を使い続けるのは得策ではない。

もちろん、それを自分が望んでいることならばいいのだが、そうではないのにそばにいてストレスを受け続けているのならば、一旦離れたほうが良いだろう。


ちゃんと考えられる人ならば、愚痴を言い続けることでステージの高い人が周りにいなくなることに気づくからな。

その時になったらまた関わるかを判断すればいい。


少なくとも、Twitterとか不特定多数の人が見ている場所で発信者として活動を行うならば、自分の発言が招く未来は、最低限意識はしておきたいところだな。




この記事を、君の人生の糧としてくれることを期待する。



んじゃ。



PS、メルマガもひとまず8月は毎日配信していくぜ。
質問に答えていくのと、ブログには書かないくらいのコラムやネットの活動情報を記載していく予定だ。

いつまで配信が続くかはわからんが、やる気を出したい人やネットでの活動を強めたい人は参考にしていってくれ。

f:id:neethonne:20190408022536p:plain
クリックしたら、登録ページへ移動する。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です