筋トレ初心者がゴールドジム行ってハードな筋トレをしたら人生変わった話。

筋トレ初心者の筋トレ継続の理由

どーも、トニーっす。

去年末に会社を辞めてから、大体週2,3で筋トレに行き続けてきたのだが、良い感じの体つきになってきました。

調子がいいときはベンチが80上がる。

元々僕は細身の体型で、太るっていうのとはそこまで縁がない人生を送ってきていたんですが(子供の頃、銭湯でみたビール腹のおじさんを見た時に、このお腹だけにはなりたくない!!という強い決意を固めたことが有る)

そこまで、筋肉質な身体をしていたわけでもありません。


自分に胸筋が付くだなんて夢にも思っていなかったですが、実際にトレーニングして筋肉がついてくると非常に気持ちがいいものだなと。

というわけで(どんなわけだ)
今回は僕自身が、最初に筋トレを始めてから今までで、どんな心境の変化があり、筋トレを継続してこれたか??を乗せていきます。


筋トレが気になっているんだけどもどんな感じなのかわからない。

来年の夏には、ガラッと体つきを変えてみたい!!


そういう思いがある人は、一つの参考にしてくれれば幸いです。

人生が変わった初めての筋トレは、韓国旅行中に行った。

詳しい話は別になるんだが、僕は元々ベンチャー企業の経営陣にいたが、その会社を逃げるようにやめています。(詳細はこのnoteに記載してる。

これだけだとあまり気持ちのいい話ではないから、この場では割愛しますが、

僕が筋トレを始めて行ったのは、この韓国旅行で、友人とホテルのジムにいったときだったんです。

韓国のロッテソウルホテル、超キレイだし設備が神だった。

ちなみにこのホテル、5つ星ホテルでもあるが、飛行機代込み2泊で5万円台で泊まれるくらい超絶コスパのいいホテルです。

ジムもありえないくらいに広く器具も大量にあるし、

タオルも靴もウェアも無料で借りれる。大浴場も付いてるからもし韓国旅行に行く際は是非利用してもらいたいなと。


と、話を戻します。

ともあれ、その日僕は友人と韓国旅行に来ていて、このホテルに泊まっていた。

友人は韓国は何度か来たことも有り、このホテルに来たことも合ったから

「ちょっと、御飯食べる前にジムに僕は行きますね」

とジムに行くことを話してきてくれたんです。


(ちなみに3人で行っていて、誘ってきた友人は当時筋トレ歴8ヶ月位。もともと体格が良いことと運動神経が抜群にいい人なので、相当マッチョだった。)

時間も別に余っているし、残されても何もやることもなかったから、僕ともうひとりの友人も一緒にジムに行って、トレーニングをすることにした。


これが、僕自身が始めて筋トレをした日になった。

これだけ最初から筋トレすると人生が変わります。

そうして、初めてのジムでの筋トレを行うことになったが。

いくらトレーニング初心者とは言え、僕はそこまで運動不足な人間ではありません。

いうて夏は週1くらいでランニングはしていたし、海外に行く際には(去年は2ヶ月に一度は海外に行っていた)毎日、併設してたジムで20分のランニングと軽い自重トレーニングはやっていた(腹筋と懸垂)

まぁ、本格的な筋トレは初めてだけども、自分がどれくらい筋力が有るのかは知りたいなーと思っていたですが・・・。


初めてのトレーニングは正直、めちゃめちゃにきつかったです。

普通に途中途中で吐きかけてました。


メニューとしては

レッグブレス
軽い重さで20回 中くらいで15回 重い重さで10回
(両足、右足のみ、左足のみをそれぞれ)

ベンチプレス
20kgを上げて 30kgを一回 35kgを1回 その後20kgを潰れるまで

これが人生初めてのベンチプレスだったが、「バーベルってこんなに重いのか・・・!!」と衝撃を受けましたね。

「漫画知識でベンチ100kgってすごいんだろうなーっていうことは知っていたが、とんでもねぇ。ベンチ100とか異次元だ異次元」ってのが、当時の僕の感想です。40kgすら、最初はあげることも出来なかったですからね。

ラットプルダウン
軽い重さで20回 中くらいで15回 少しプラスで10回 重い重さで10回
(重さに関しては当時は覚えてないが、そんなに重量はない)

レッグレイズ(肘乗せるやつ)
身体を右に傾けて10回 左に傾けて10回 正面で10回 その後足を上げて10秒静止 ×3セット

これがとにかくきつすぎた。

というか、これに関しては今でも普通にきつい。この日やったときは全然足が上がってなかったですね。

だいたいトレーニング時間としては3人でマシンを交代交代やっていたので1時間ちょいほど。
こうして、僕の人生における筋トレ初体験は、韓国にて行われたというわけです。

(その後、日本に戻ったが4日間ほど、筋肉痛がやばかった)


変な話ですが、初っ端でこれだけ筋トレしたら、そりゃ人生変わりますよ。

ここでこれだけきつい筋トレを行ったら、その後の筋トレも否が応でもこの基準値で行いますからね。

今思うと最初にガッツリと追い込まれていてよかったなと思います。


ゴールドジムへの入会と筋トレ継続の決意

そうして、韓国旅行から戻ってきて数日後。

ゴールドジムへと入会をすることになりました。

ゴールドジムは施設が豪華

というのも、一緒に旅行に行っていた友人が

「もしトニーさんが筋トレするなら一緒にやりましょう!」

「いや、まじで鍛えたらめっちゃいい感じになりますよ!」

「ほんと筋トレしてから良いことしかないんで、おすすめです」


とありがたい言葉を投げてくれてたから、じゃあこの際に体を鍛えようと思って入会してしまおうと思ったんですよね。

実際、マッチョになってモテるようになりたいとかも思ってました。

あとは、実際このときは会社を逃げるようにやめてて、メンタルもズタボロだったんで。


やることもそんなに決まってなかったし、ひとまずは筋トレをしようというのは、ある意味僕の中では休暇期間の一つにしようと思ったんですよ。



で、当然ながら、休暇どころか筋トレした日は毎度疲れで死にかけてたんですけどね。

ガチでこんなんでしたよ。首はとれなかったけど。


もうね、心臓が持たないし、トレーニング後はヘットヘトでラウンジのソファーにぶっ倒れてたりしてた。


受付のお姉さん「大丈夫ですかー?」

友人「あぁ、大丈夫です大丈夫です。疲れてるだけなんで」

みたいな会話に入る気力すらない。


筋トレ初心者がなぜジムでの筋トレを継続する決意ができたのか??


で、ゴールドジムの筋トレだと2回目に行ったときかな。

それまで僕は「週1でひとまずいい体になればいいかなー」と思いながら必死にトレーニングをやってへとへとになっていた時に。

友人「週1、週2くらいやるとガッツリ筋肉付きますからね~」

と、ポロッとトレーニング中に話したのを聞いちゃったんですよね。



あ、これ週1じゃあ全然結果でないやつだな。

とこのときに初めて認識しました。

というのも、当時この友人は「週1でも全然体つき変わりますよ!!」とよく話していたんです。

事実、週1でもトレーニングをしていけば体つきは全然変わっていくとは思います。

だけども、より短期間で成果を出したり、数字を伸ばしていったりするにはやっぱり週1度だけじゃダメなんだな。というのが3回目のトレーニングで旗感覚で腑に落ちてきたんです。


ある意味では甘い言葉に乗せられた。とも取れるんですが

・そりゃ週1で劇的に変わるってほど甘くはないのはなんとなくわかってた。

・実際に慣れたいから週1じゃなくペースを上げたほうが良いと感じてた。

・別に時間が圧迫されてるわけじゃない。



という状態ではありましたからね。



その時から、せめて週2ではジムに行くようにしよう。と決めて近くのゴールドジムに中2日は開けて通うようにしました。

筋トレ初心者が継続し続けることが出来た理由

そうして、筋トレを日課とする日々が始まったわけですが、正直継続をし続けることが出来た理由に関しては。

友人と一緒に行っていたこと。

ある程度基準値の高いトレーニングを最初に経験できたこと

体つきが日々変わっていったこと(成果が続けるほど出ていたこと)

が上げられます。一つ一つ説明していきますね。。

人生変えたいならば誰かと一緒に筋トレしよう。

単純に、人を巻き込んで一緒にやっていたというのは僕みたいな人間にとっては継続できた第一の要素だったように思っています。

当時の家からでも友人と一緒に行ってたゴールドジムには40分ほどかかるんですが。(今だと1時間くらいかかってしまう)

やっぱり、誰か一緒にやる人がいるとなると人は行動を継続しやすいです。

「今日ジム行きましょうー!」って約束したら、行くしかないし、ジムに行ったら仮に相手が来なかったとしても筋トレをするしかないですし。


実際に筋トレを始めてから4ヶ月ほどは、毎週毎週、俺からその人に対して「この日はどうですかー?」と誘ってゴールドジムに行くようにしてました。

その人がいると、普段の筋トレで自分で追い込むよりも、より追い込まれることになりますからね。
(マジで毎回辛い、泣きそうです。)


そういった意味でトレーニングの質を維持できるという意味でも、一緒に行く人がいたというのは 非常にありがたかったなぁと。

ある程度基準値の高いトレーニングを最初に経験できたこと

これは完全に自分の主観でしかない話では有りますが

最初にある程度厳しいトレーニングを積んだことで、その後の筋トレが非常に楽になったようには感じてます。

韓国旅行の初めや、ゴールドジムの通い始めとかはそれこそ終わった後は毎回吐きかけていたので。

今でこそ吐きかけるほど追い込む。なんてことは無くなりましたが


最初、一人で通い始めたときも、自分でそれくらい疲れるまでトレーニングを積んでいたのは、間違いなく始めに基準値の高い筋トレをしていたからだろうなと。

簡単に言えば、最初にぶち込まれた基準値が

「ジムに行って吐きかけるまで追い込むトレーニングをする」
という状態だったので

多少甘えたところで
「ジムに行って吐くほど気持ち悪くならない程度のトレーニングをする」

っていうラインまでしか甘えが落ちない。ということです。


後、初っ端からゴールドジムに入会して『入会費を払っていた』というのもありますね。
(なんだかんだで元を取るためには月に7回以上は行かないとと思っていた。)


筋トレして体つきが日々変わっていったこと(成果が続けるほど出ていたこと)

これに関してはツイートのとおりです

まぁ、それだけの筋トレをしていたからかわからないんですが・・・

実際筋トレってのは非常に成果が出るのが早い。

それこそ、1ヶ月が終わる頃にはベンチプレスは35→50を上げられるようになってましたし
(自分の体重くらいまでは、結構すぐ上げられるようになるらしい)

特に僕の場合は「ベンチプレスの数字」は一つのモチベーションになってます。

体つきがどうってのももちろん大切だし気にしていますが


単純な思考の持ち主だから、数字が有る方がわかりやすくモチベが上がるんですよ笑

あとは、体つきがガラッと変わったのは3ヶ月が過ぎてからでした。


正直それまでも「お、なんかちょっと体つき変わったんじゃね??」
とは思っていたんですが、3ヶ月が過ぎた頃と1ヶ月目が終わった頃の体つきを見比べると、明らかに3ヶ月終了時点のほうが大きかったんです。

このように、成果が出るのが目に見えてわかるから、別段辞める気に一切ならなかったというのは継続できた一つの要因です。

筋トレを初めて、間違いなく人生は変わりました。

そんな訳で今も筋トレは継続しているのだが、結論は見出しの通りで。

ベンチの数字が上がるようになってるってもそうだし。

銭湯とか行ったら基本的にドヤ顔が出来るようになるってのもそうだし。

自分自身の体に自信が持てるようになるってのもそうだし。

なんか本当に体調壊さないし、健康的になっているのがわかるし。

食事の栄養面とか、そういった部分を気にするようにもなるし。

筋トレ好きな人結構多くて良い人多いから、そういう人と仲良くなれるし。


筋トレを始めて心から良かったなぁと。

それこそ、一年前までは運動といえば走ること。
ジムと言えばランニングマシンがメイン。と思っていた僕でしたが

筋肉をつけて基礎代謝を上げれば、普通に体つきは変わるし太りづらくなるのだなぁというのを体感として実感しています。

(体重は筋トレを始める前と今で64kg→65kgにしか変化してない。)


まぁ、またどこかで飽きてしまって、数年後には体型が違う方向へガラリと変わっている。なんてことも起こり得るかもしれないですが。


ひとまずは、これからも筋トレは継続していくつもりです。

もしこれから筋トレを始めることを検討しているってのならば、一つの参考にしてくれれば嬉しいし。

そんな感じの流れで、続けているひともいるってのが伝われば幸いです。


筋トレに関しては、また何かネタ浮かんだら書くとするから、こういう記事が好きな人は是非楽しみにしててくだされば^^


ではでは、今回はこんなところで。

ベンチプレス90上がったぞー!!!





PS,9月に出した電子書籍「Twitterの教科書」がアマゾンランキングにて一時的にですが、総合ランキング1位、ベストセラー1位に選ばれました。

Twitterの教科書1位

半年で9000人フォロワーさんに集まってもらうまでに意識したことを踏まえて、「11個のTwitterではやってはいけないこと」を記載しています。

Twitterに力を入れようとしている場合は入門書としてぜひご活用ください。
Kindle Unlimitedの場合は、無料で読むことが可能です。)

出した電子書籍「Twitterの教科書」はこちら。



この記事が読んだ人が見ている記事はこちら。


メルマガでは
・今トニーが動いている最新情報。
・メルマガメンバー限定の特別セッションなどのオファー
・突発的に思いつく、個人的な気付きなどをメインに流してます。

ネットの活用法や稼ぎ方はおまけで流してます、そんなメルマガメンバーへの登録はこちらからどうぞ。




LINE@も完全不定期でやってます。



PPS,ちなみにこのパンケーキは筋トレしてる人におすすめ。

普通に食べても美味しいし、フワッフワの食べ方を今度作ったら記事にまとめる予定だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です