ザキオさんに会いに糸魚川(新潟)へ行ってきた話【旅行レビュー】

糸魚川 新幹線

こんにちは、トニーです。

先日、友人のザキオさんに会いに糸魚川に行ってきました。

ザキオさんはこんな人、このツイートもガチな人


実は去年も僕が会社を辞めてからすぐにザキオさんに会うために糸魚川に行って、ザキオさんの運転から生まれ故郷の話から美味しいお寿司屋まで

完璧なるアテンドをしてもらって糸魚川を満喫しまくった記憶があるんですよね。

今回もそろそろ一年経つし、ザキオさんに会いたいなーと思って連絡した所。

「直近では東京に来る予定がない」

ってことなのでじゃあ僕から会いに行こうと思って速攻で新幹線のチケットを取りました。

なにげに今年は子供が生まれたりで遠出する機会がほぼなかったんでスーパー楽しかったです。素晴らしい小旅行になった。


てなわけで、今回はそんな糸魚川の旅のレビュー記事になります。

糸魚川は飯がめっちゃうまい、温泉もある、蟹も食べれる。と素直に旅行にはめっちゃいい場所なんじゃないですかね。

旅行好きや海鮮好きの人に参考になれば何よりです。

埼玉から糸魚川へ、出発!晴天だった天気が・・・?

そんなこんなでチケットを取って早1週間が経過。時は11月20日。糸魚川に出発する日がやってきました。

ちなみにこの日は見事に僕が住んでいる埼玉地方は晴天でした。これ以上無いほどの旅行日よりかー!!!とかテンション上がってましたが

予報を見ると糸魚川は雨らしい。

さらに言えば一応こっちは晴れなんだけども日本全体で前日より気温が5度以上急に下がるという謎の寒気到来。

うおおおおおおお関係ねえええええ!!!俺が行ったら糸魚川も晴れるはずだうおおおおおお!!!!


と気合を入れて(てか勝手に気合が入って)新幹線に乗って揺られて約2時間、糸魚川へ。

糸魚川の看板
着いた

 

糸魚川駅北口
糸魚川駅の北口はこんな感じ。



全然雨だった。

てか、雨どころか雹降ってた。


ひとまず無事に糸魚川駅には到着して、ザキオさんと合流することが出来ました。

ありがたいことに今回も車を出してくれたザキオさん。

よくよく見たら、ザキオさんの愛車タントがハイパーグレードアップしていて驚いた。(去年見た時はめちゃくちゃ年季の入った車だったのに、新しくなっていた)

ザキオさん「あ、変えたんですよー」

ザキオさんのタント
ナンバーは見せません。


ザキオさん「というか多分今年初っすよ雹降ってるの」

僕「マジっすか。雨どころか今年初の雹が降る日に糸魚川にちょうど来るって・・・なんか持ってるんですかね笑」

というクソポジティブ野郎な思考で会話を続ける僕とザキオさん。

助手席に乗り込み10分ほど車で走ると、第一目的地のお寿司屋さんに到着しました。

お店の魚
店の外観を撮っていないというたわけっぷり。

糸魚川のお寿司は相変わらずの美味しさでした。


去年も来ようとした「きときと寿し」というチェーン店が会った場所。

去年は見事に定休日と重なって入れなかったんで、今日こそは!!と思いザキオさんに連絡を取った際にお聞きしたら

ザキオさん「あ、そこ潰れてなんか別のお寿司屋さんになったんですよ笑」

とのことで、全然別の「魚祭」というお寿司屋さんに変わっていました。

糸魚川は日本海側にあり、港も近いので海鮮の新鮮度合いが当然ながら関東地方よりかは段違い。

お寿司も松竹梅の盛り合わせと種類はあったのですが、その上の「地魚握り盛り合わせ」と、「のどぐろの握り」を頂くことに。

のどぐろの炙り握り
のどぐろの炙り握り
地魚の握り盛り合わせ

 

とんでもなく美味しかったです(語彙力)

とりあえず海鮮好きな僕からするとこんな新鮮で美味しいお寿司が家の近くで食べれるってどれだけ幸せなことなのだろうと。

最早ずるい。

お値段は地魚の握り盛り合わせが2,800円程度、のどぐろの握りが3缶で500円という感じでした。

そりゃ毎日は食べるのはどうかと思いますが、たまの贅沢でこういうところに来れる選択肢があるっていうのは素晴らしいなと思いますよね。

ちなみに、メニューには800円〜1,000円程度の定食メニューも存在していました。高級店というわけではなく、魚料理がメインの小綺麗なチェーン店というイメージです。


美味しいお寿司に舌鼓を打ちつつも、話題はビジネスよりな話へ。

Youtubeに参入するならばどういうのが流行っているのか??や電子書籍のデータなど互いにフリーで動いているので情報交換をしながら、美味しいお寿司を食べれました。
(といってもほとんどザキオさんの知識を教えて頂くばかりでしたが。本当にリサーチしまくっていて凄いです。)

1時間半ほどそのお店で過ごしてから、次の目的地。「蟹を食べることの出来る場所」に向かうこととなりました。

ちなみにお寿司屋さんはここでした。(食べログに飛びます。)

道中にて、港町「能生町」と糸魚川の歴史を学ぶ

お寿司を食べた後車に乗り込み。

ザキオさん「次は能生に行きます」

僕「のうですか?はい。」

(のうってなんだろう?能(伝統芸能)じゃないよな?)

僕「え、のうってあれですか?地名ですか?」

ザキオさん「あ、地名ですよ。漁業が盛んで栄えている場所です。元々糸魚川と別れていたんですが、合併したんですよ」

という話をして納得しました。場所だったんですね。

上記の通り、能生(のう)は漁協も盛んで普通に栄えていた町だったようですが、旧糸魚川市と能生町が合併して「新・糸魚川市」になったみたいです。

ザキオさん曰く「当時、旧糸魚川市側にはお金があったわけではないから、能生の資源を得るために、吸収合併した」という話でしたが、その理由とか経過は調べてもすぐには出てこなかったですね。

(ウィキ曰くですが2005年に合併して新糸魚川市になったみたいです。)



ザキオさん「高校生の時、漁師に年収いくらですか?って聞いたら4〜6千万って言われて驚きましたもん」

僕「4〜6000万円!?」

漁師は儲かると聞いていたがマジなのか・・・!!

危険もある仕事ですし、その年によって変動もすると思うんですが、直接聞くと漁師に対してのイメージ感も変わっていきますよね。
(ザキオさんはそういう地元知識も話してくれるので、勉強になります)

そんなこんなで歴史の話をしている内に能生に到着しました。

道の駅能生
道の駅、能生に到着しました。

 

道の駅「能生」にて蟹を食べる!!到着後3分で蟹をお土産に買うことに・・・?

お寿司屋さんから大体30分くらいですかね。

道の駅「能生」に到着しました。

雰囲気がありますよね。

 

ザキオさん「親戚の人がいればいいんですけどね。そうしたら蟹もらえると思うんですよ」

どうやらザキオさんの親戚が蟹を取り扱っているらしく、蟹をもらえる可能性もあるということ。まじかよ蟹とか正月で実家で食べた以来食べてないっすよ自分。

お店に行ったら、どうやら親戚の方はいるが別の場所に出ているらしく。戻ってくるまでお店の中で待たせてもらうことに。

蟹のお店
こんな感じで蟹が並びまくっていた。
お店の裏側
分かりづらいがお店の裏側、こたつになっていて温かい。


ザキオさん「あ、こんにちは」

親戚のおばちゃん「お〜〜来たんだ!ごめんねーちょっとあっちの方に行ってたから」

そこで親戚の方が登場。なんというかパワーが凄い!!

親戚さん「コチラの方は?」

ザキオさん「あ、埼玉の方から遊びに来てくれてる人です」

僕「〇〇(本名)っていいます。よろしくおねがいします」

親戚さん「そうなんだね〜。埼玉のどこらへんに住んでいるの?」

僕「あ、〇〇(地名)市です」

親戚さん「〇〇?何〇〇?(地名)」

僕「(え、知っているのか)東〇〇ですね」

親戚さん「あー!そうなんだ。西〇〇なら知り合いが住んでいたんだけどね。〇〇(地名のさらに町名)あたり」

僕「おおお、僕元々そこに住んでましたよ笑。ドンピシャです笑」

文章で書くと普通に話しているような感じですが、完全に主導権はおばちゃん側です。ガツガツしている感じは全く無いですが本当にパワーに溢れまくっている感が凄い。

親戚さん「来ると思って準備しておいたんだよー。これ食べていいから!」

と、ザキオさんに普通に蟹二杯渡してきた!!

蟹二杯
普通に渡してきました。


親戚さん「あれなの?家族で暮らしてるの?」

僕「はい、家に奥さんがいます」

親戚さん「じゃあどうする?今日持って帰る??送ったほうがいい?」

僕「あ、これからまだ回るんで、送るほうがありがたいです」

親戚さん「うん、わかった!じゃあこっちで紙(郵送用紙)書いて!」

僕「あ、はい」

親戚さん「送料と1杯で5,000円だね!もう1杯サービスしておくから!」

僕「ありがとうございます^^」

・・・・・・

まじか、3分でクロージング(購入決断交渉)されてしまったんだけども。

いやね、別に警戒をしていたわけではないんですよ。

だけども「蟹を買おう」なんてことは糸魚川来る際には全く考えていなかったことも事実なわけでして。

奥さんは生物駄目だけども、むしろ茹でた蟹は好きな部類だったってこととか。

一応なにかしらお土産は買って行きたいなとか思ってたこととか。

そもそも僕が押しに弱い人間ではあることとか。

その前段階で、蟹貰ってるのを見てるから断りづらさもあるというか。

というかザキオさんの親戚だから、嫌な空気には当然成りたくない気持ちもあったけども。

その諸々ひっくるめても、親戚さんのパワーが半端ねぇ・・・・!!!

結果的にお土産も買えたし、嫌な買い物ではないし奥さんも喜ぶだろうしまったくもって問題はなかったんですがなんというか、

ビジネスマンとしては「完全なる敗北感」を味わいました。

マジで手も足も出なかった感が半端ない。

というのも断る理由がなかったら絶対に買うしか無い感じなんですよ。完全に逃げ場なし。戦うことすら出来なかった。


後で話を聞いたら、ザキオさんいわく

「あの人は多分蟹だけで〇〇円(さっきの漁師の一桁上)は稼いでます。めちゃくちゃストーリーを持ってて、過去にはここの漁師全員と裁判して戦ったこともあるみたいです」

とのこと。

本当に叩き上げで戦ってきた人のオーラと言うか、パワーを思いっきり感じました。ほんと、商売って小手先じゃないですよね。

ちなみに、蟹は美味しくいただきました。

蟹
1人1杯の蟹
1人1杯ずつ頂いて食べました。ありがとうございます。

道の駅「能生」のホームページはコチラ。

糸魚川は海もあれば山もある。自然に囲まれた空間です。

蟹も食べて、道の駅「能生」もある程度ふらりと回って、親戚さんにも別れを告げて次の目的地へ。

(途中、イカ焼きがあったら食べようと思ったんですが、やってなかったみたいです。イカ食べたかったな。)


ザキオさん「イカ食べれなかったですね〜」

僕「人手不足でやってないって言ってましたね。自分で焼きます!とか言えば食べれたんですかね?笑」

ザキオさん「どうでしょうね笑、焼く道具とかあったらいけそうですけどねー」

なんて会話をしながら、タントへ。

僕「次はどこに行くんですか?」

ザキオさん「次は権現荘って温泉に行こうと思ってます」

僕「おおー!温泉!!」

ザキオさん「ここから30分位ですね。去年とは違って今回は僕も行ったことない所に行こうと思います」

僕「いいですね!是非行きましょう!!」

ということから車で走り出して、15分程度。

いつの間にか海辺を走っていたはずが、景色が山奥の光景に変わってました。

車の中から撮ってるので少しブレてます。

海と山がこんなに近いってなんか変な感じです。


ザキオさん「海の幸もそうですが、山の幸も全然堪能できますね」

僕「いやもうそれ幸全部堪能できるじゃないっすか」


飯が美味いって最強だと思います。

山奥の秘湯「権現荘」へ!!自然に囲まれての温泉に癒やされた

そして目的地の「権現荘」に到着しました!!

普通に綺麗です。

結構山奥まで車を走らせると、きれいな建物が見えるのでそれが権現荘でした。

建物もそうですし、中も結構しっかりしてます。

自然に囲まれた場所にあります。
入り口にはわかりやすく、権現荘とどでかく。
入り口はこんな感じ。


どうやら宿泊もできるらしく、日帰りで入るかどうか?を受付で聞かれました。

なんと日帰り温泉は500円という破格の値段!!

貸しタオルはバスタオルが200円、フェイスタオルは買い切りで150円ってことだったので、バスタオルだけ借りて温泉に入ることにしました。

脱衣所はこんな感じ

 

ほぼ貸切状態・・・!!!

流石に中まで携帯は持っていけなかったですが、露天から見下ろすと川も流れてるし、空気は超キレイですし、これが500円とはとんでもねーコストパフォーマンスだと感じました。

(ちょっと町からの距離はありますが)

ザキオさんに散々に筋トレの成果の体つきを見せ付けた後。
(嫌な顔ひとつせず褒めてくれてました。ありがとうございます。)

露天に入りながら、今後どうしていくのか?互いの目標設定や未来の話を色々と。

非日常空間というのもありますが、ちょうど電子書籍を書き終えたばかりだったということもあり、自分の目標に関して改めて見つめ直すことが出来ました。

去年来た時も露天風呂でじっくりとお話させてもらいましたが、対話をすることで自分の思考の整理にもなるので本当にありがたい時間でした。

権現荘ホームページはコチラ

夕食をゆっくりのんびり食べて、さらば糸魚川

温泉でのんびりした後は、ザキオさんおすすめの居酒屋に行き、じっくりと話をして、モツ鍋を美味しく食べてから帰ったのですが。

なんとここからの写真が一枚もありません。

そもそもレビューする気あるんか!!!と言われそうなくらいの失態なんですが、完全にこの日は電子書籍の無料セールが始まることから、始まってからは色んな方への連絡をしていて、ほとんど脳内が電子書籍のことで占められてました。

もちろん、最後に行ったお店もおすすめのとおりで、非常に美味しかったです。

気温が大分低かったことから、僕が鍋を食べたくなったので海鮮系ではなくてモツ鍋を食べることに。

これもめちゃくちゃ美味しかったですね〜。

いうてお昼からお寿司をガッツリ食べて、そのままの勢いで蟹も食べてだったので、互いにそこまでお腹が空いてない状態でしたがたっぷりとお店の味を堪能することが出来ました。

お店では大分早めに行ったこともあり、しっかりと時間を撮ってザキオさんと色んな話をすることが出来ました。

自分の本心を見つけるための合宿に行ってきた話や

自分の中の力を4つの要素に分けて、その力を自由に扱えるようにする話。

僕が聞いた「人はそれぞれ自我を持って生まれてくるが、自我を保って生きている人は日本人には2%しかいない。(アメリカだと40%くらい)」

みたいな深い話も色々とできました。

ザキオさんは相手の話を否定したりはせずに常に傾聴してくれる方でもありますし、自分自身を磨くことに余念がないので話していて、僕自身学びばかり頂けて本当にありがたいです。

そもそも今回も、連絡しているとはいえ僕が勝手に地元に来ただけなのにほぼ1日中お時間を頂いていますからね。

運転からお時間まで頂き本当に感謝です。

最後には、この一年で互いにパワーアップしたことから、また一年後もより互いにパワーアップしてお会いしましょう。

という形で糸魚川駅まで送ってもらって、お別れしました。

ザキオさんも筋トレを始めるという話をしていたので、いつか一緒に行ける時には合トレもしたいですね。

将来的には一緒になにかを行うためにも僕自身も発信を頑張らねばと思います。

ひとまず、海も近いし山も近い糸魚川は

海鮮は鬼のように美味しいし、食べ物全部美味しいし、温泉もあるし、なんなら今回は行かなかったけども美味しい卵料理の店(プリンやカステラ、ケーキなど)もあるので、ふらっと旅行するにも非常に良い場所ですよ。

今回もガッツリとお時間を作って頂いた、ザキオさん。

本当にありがとうございました!!

本当に楽しく、素晴らしい一日を過ごせました^^


本当に、素晴らしい一日になりました。


ではでは。






PS,11月に出版した電子書籍「ナンバー2こそ自分の為に生きろ!」が11月20日〜24日の間はセール期間中なので無料でダウンロードが出来ます。

年商数億規模のITベンチャーの元経営者としてナンバー2を経験してきた上で「9個のナンバー2が意識した方が良い事。」を記載しています。

現在組織の立場がある人は参考事例としてぜひご活用ください。
Kindle Unlimitedの場合は、無料で読むことが可能です。)

出した電子書籍「ナンバー2こそ自分の為に生きろ!」はこちら。



この記事が読んだ人が見ている記事はこちら。


メルマガでは
・今トニーが動いている最新情報。
・メルマガメンバー限定の特別セッションなどのオファー
・突発的に思いつく、個人的な気付きなどをメインに流してます。

ネットの活用法や稼ぎ方はおまけで流してます、そんなメルマガメンバーへの登録はこちらからどうぞ。




LINE@も完全不定期でやってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です