トレードオフの関係をぶち破れ。あちらも立てた上でこちらも立てる。

トレードオフをぶち破ろう

どもども、トニーです。

先日、こんなツイートをしました。

最近はこういう事を考えることが多くて、ツイートの内容も2極論に寄るよりかはその中間的な考え方を意識しようぜ!!

っていうツイートを多めにするようにしています。

上記のツイートの例とかも同じで、いうてこの論争と言うか発想。

僕がツイッターを始めた3月頃からよく見るツイートのひとつなんですよ。

とすれば、それこそ僕がTwitterを始める前からずーっと言われていたことなんだろうなと思って。

今日のブログは、あんまり2極論により過ぎないほうがいいですよー。というお話です。

トレードオフの関係をぶち破ろう

昔、関わったことがある経営者さんが常々話していた言葉の一つです。

「トレードオフをぶち破ろう」

と。

あまりによく話していたので、今でも印象には残っているんですが、この発送を常に持つことって重要だよなと感じています。

ちなみに「トレードオフ」とは。

何かを達成するために別の何かを犠牲にしなければならない関係のこと。 いわゆる「あちら立てれば、こちらが立たぬ」に相当する。

コトバンク

書いてあるとおりですが、あちらを立てればこちらが立たずっていう関係性のことをトレード・オフの関係。と言われますね。

わかり易い例だと吉野家の「安い、早い、美味い」とかもそうでしょうか。

本来であればおいしい食事を食べるためには価格が高いものを選ぶこと。これは必ずそうしなければいけないとはいわないものの、人の考え方の中で根付いている意識ではあります。

ただ、その意識に従わずに「安いのに美味い。しかも早い」をテーマにしている。

ある意味「トレードオフ」をぶち破るコンセプトにはなってますよね。

特に商売・ビジネスをやる時にはそもそも「不可能なことをどう現実に変えていくのか?」が大事になってくるんですよ。

一見トレードオフの関係にあるものをどうぶち破るか?どうその関係性を壊して現実にするのか?

これが大抵の人に出来ないから、やっている人は価値の高い存在になるわけですよね。

例えば、

「Twitterで一ヶ月で2000人フォロワー!!とか言う人いるけども、数ヶ月経つといなくなっていることが多い。それよりもコツコツ続けることのほうが大切だよね!!」

って意見は別にわからなくはないんですけども、普通に初速も早くてその後も継続できる人間のほうが強いよなぁ。というのが僕自身の本音です。

別にそれ、両立できないことじゃないですからね。

なんというか本当に両立できないことならばともかく、翌々考えたら普通に両立できることって全然あると思ってます。

で、そういう事柄を両立しようとしないのって、「選択と集中」に見せかけた「ただの妥協」なんじゃないかなーとは。

少なくとも常に妥協ばかりしている人に対して、他の人が魅力を感じるのか?っていうと答えはNoになると思ってます。

安易な2極論に頼ると考える力が失われる。

これは(これはっていうかこの記事自体が)僕の個人的主観ではありますが

ぶっちゃけ、

Twitterの世界にいると極論が多すぎてうんざりするんですよね。

わかりやすい方が人が寄り付きやすいし、尖っている方が目立つっていうのはたしかにわかるんですが、それってどうなんだろう?というのが僕自身の本音です。

初速が大事 or  継続が大事って

それどっちも当たり前にすぎるくらい大事じゃないかな?両方とも大切にしたほうが結果は出るしすごい人になれるんじゃない??

フリーランスが正義 or サラリーマンのほうが社会貢献してる って

そもそも上か下かとか比べるもんじゃなくないかな?普通にフリーランスとして自分自身で収益生み出して稼いでいることってすごいし素晴らしいことだし、会社員としてチームの中に入り既存の枠組みに沿って何かを生み出しているのならばそれも素晴らしいしすごいことじゃない??

やることは一つに集中したほうが良い or リスクヘッジで事業は分散させたほうが良い って

まず自分がやりたい方を全力でやって、その上で判断すればよくないかな?いろいろなことに手を出しまくって、上手く行けばいいし、駄目だったら絞ればいいだろうし。

または一つに絞りたければ絞ればいいし、大事なのって事業が上手くいくことが一番なんじゃないの??

みたいな感じですね。

もちろん、人にはそれぞれリソース(使える時間やエネルギー)って決まっているし、どんな考え方が合うかどうか??っていうタイプも存在しています。

特に一番最初とかは極論に寄ったほうが楽ではあるんですよ。わかりやすいし、自分で思考をしなくて済むようになるから極に寄りたくなる気持ちはわかります。

ただ、少なくとも

・他者の極論に近い言葉を利用して妥協すること。
・安易な妥協で自分の可能性を縮めること。

この2つはやらないほうが良いことだろうなーと思います。

結局は自分の行動は自分で決めているわけですからね。特にTwitterなどは情報が溢れているわけですし、決断を誰かの意見に委ねていたらマジで自分で考える力がなくなっていきますよ。

力をつけるために生きて頑張っているのに、考える力を失ったら本末転倒じゃないですか。

別に極論を話す人に対してどうこうを言うつもりは全くありませんが、誰かが何かを言ったからではなくて、自分自身がこう思う。を突き詰めて考えることが自分自身が発信者ならば大事だよなと思う次第です。

とりあえず

「極論に寄って、妥協をするな」っていうことが伝わればなによりです。

とりとめもない終わり方ですが、今回はこんな感じで。





メルマガでは
・今トニーが動いている最新情報。
・メルマガメンバー限定の特別セッションなどのオファー
・突発的に思いつく、個人的な気付きなどをメインに流してます。

ネットの活用法や稼ぎ方はおまけで流してます、そんなメルマガメンバーへの登録はこちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です