お金を稼ぎたいならばやったほうが良い行動が2つ有る

どーも、トニーっす。

今日は折角だし

「お金を稼ぐためには何をしたらいいか?」

という点に関して、簡単に触れておく。

なんだかんだで「お金を稼ぎたいんだけども何をしたらいいかわからない」

「お金を稼ぎたいけどもなんか怖い」

という意見は多いからな。

そういう意見を持っている人は一つ見ていってもらいたい。得るものが有るはずだ。

■お金を稼ぐためにやった方がいい事。

結論から述べるが

お金を稼ぐためにやった方がいい事としては

「お金を使う事・価値を提供して対価を受け取ること」

この二点の経験を積むと

お金を稼ぐという行動はとりやすくなる。

もうすこし噛み砕いて説明しよう。

【お金を使うという行為】

一見、稼ぐためにお金を使うというのは

矛盾をしているかも知れないが

お金を稼ぐためには

人がどんな時にお金を払いたくなるのか?

という感情に、敏感になっておく必要がある。

と俺自身は思っている。

例えば、「漫画本を一冊買う」という行為とっても

・ストーリー(物語)が好きだから買うのか
・絵が好きだから買うのか
・その作者が好きだから買うのか
・続きが気になっているから買うのか
・誰かがおすすめしたから買うのか

「買うという行為を決断するに至った、感情の動き」

というのは人それぞれ違うだろう?

お金を使うということは

購入を決断するまでの感情の流れを味わえる行為。

でもあるわけだ。

だから、たまに「そんなん全部ネットで見れるし
無料で見れるものにお金を出す価値はないよ」

って人がいて、それは事実だと思うが

あまりにお金を使わないでいると

「物事に対してお金を払う時の感情」

に対して、鈍感になる可能性があるのまた事実だと俺は考えているんだ。

平たく言えば「なんでみんながお金を払うのかがわからない」

っていう感情だな。

別にそう思うことが悪いわけではないが

この感情を感覚的にでも
理論的にでも理解は出来ておいたほうが

当然、自分がお金を稼ぐ時には、
稼ぐ流れというのを構築しやすい。

「自分だったらこういう流れならばお金を払うな」

というのが理解を出来ている。ということだからな。

もちろん、必ずしもこの感覚を理解しないと稼げない。

なんてこともないし、

だからといってやたらとお金を使いまくればいいのか!!

なんて極論を話しているわけではないことは理解できていると思うが

「お金を使う」という事は

「お金を稼ぐ」上でも実は重要だってことは知っておくといい。

良いセールスマンほど、良い購入者である。

なんて商売の名言もあるくらいだしな。

【価値を提供して対価を受け取るという行為】

で、2つ目のこれだが、

正直な所

お金を稼ぐ感覚を理解するためには

お金を稼ぐ事が一番手っ取り早いこと。

だと俺は思っている。

どういうこと?って思うかも知れないが

俺としては稼ぐ事っていうのは

あくまで1つのスキルにしか過ぎなくてな。

「自転車に乗る感覚」と同じだと思っているんだ。

自転車に乗るのに手っ取り早い方法はなんですか?

っていうと、

「自転車に乗ること」

って答えるだろ?

自転車の構造について知ったり、

身体の構造に関して勉強すること。

もまぁ無駄ではないとは思うが、ぶっちゃけ乗ったほうが早いよな?

だから「稼ぐことを理解するには、稼ぐ事を行うのが一番早い」

というのが結論になる。

もちろん、あくまで俺の個人的な持論だけどな。

とはいえ

「いや、いきなり稼げ!って言われても何していいかわからないです!」

ってなるだろうから、

もう少し言葉を伝えやすくすると

【価値を提供して対価を受け取るという行為】

になるわけだ。

例えば・・・

絵描きさんだったら、似顔絵を書いて上げて
それをアイコンとして使って貰う代わりに宣伝してもらう。

歌が上手い人だったら
カラオケ行ってリクエスト曲歌って
似てたら一杯お酒奢ってもらって、ダメだったら一杯奢る。

Twitterでフォロワーがいる人ならば
増やし方を知りたい人にやってきたことを教えてあげる

料理が上手い人だったら
材料費は全部出してもらって自分と相手のご飯を作る。

とか

「自分が持てる価値を提供して、1つの価値を受け取る」

という体験をすることが

価値循環の感覚の掴む上で非常に大事だと思う。

で、こういう事を話すと

「見返りを求めてなにかをするとかなんか気がひける」

って人がいるんだが

こういう時の為に、

最初の「お金を使う」っていう経験が役に立つんだ。

そういう人の心理状況を表すと

①相手が嫌な気分をして、自分が喜ぶこと

②相手が喜び、自分が何も得られないこと。

③相手が喜び、かつ自分も何かを得られる事。

当然、この内のどれを選びたいか?となったら③だけど
①になるリスクがあるから、嫌だから選びたくない。

って感じだろう。

これは単純で

①の相手の嫌な気分っていうのは想像できるが

③のお金を払いながらも相手が喜ぶ姿が想像できない。

っていうシンプルな理由になる。

だから、自分がお金を使う感覚を知っておく。
っていうのは大事なんだ。

自分が喜んでお金を使っている感覚があるわけで

「俺ならこれは喜んでお金を払える!」

っていう感覚を掴んでおけるわけだからな。

客観的に考えても、これならば
喜んで対価を渡してもらえるだろう。

むしろ、出させてください!ってなるはずだ。

そう思える時に人は

③の行動を取れる様になっていくわけだ。

あとは、基本的に人と言うのは「お願いするのが苦手」
だからそういったオファーを待っている。というのもある。

そういったモノ全てをひっくるめた実感をすることが

「稼ぐこと」

に繋がっていくわけだ。

で、、、、

俺がこれだけの話をしても

君はまだ

「いや、言っていることはわかるけども
それでもなんか抵抗があるなぁ・・・」

って思っているかも知れない。

そうだとしたら・・・・もう理解できるはずだ

「稼ぐ事を知るためには、稼ぐことが手っ取り早い」

という理由を。

最初の自転車の例えと同じで

「どれだけの言葉を紡ごうと、
結局は乗れた後でしか恐怖心なんて消えやしない」んだ。

怪我しても大したことないよ。とか
君なら行けるよ!大丈夫!とか言われたところで

コケたら怖いし、出来るかなんてやってみなきゃわからない。

ただ、結局はチャレンジをして
補助輪外して、ようやく乗れるようになった時に

「あ、俺も自転車乗れるんだ」

って気づけるわけだ。

だから、「稼ぐ事を知るには、なにか価値を提供して対価を得ること」

が手っ取り早い。

結局それかよ!って思うかも知れないが、結局はそれなんだ。

単純な話でやったこと無いことは怖いってだけだ。

やってみて、あ、やってよかったんだ。

っていう成功体験を積むことが

感覚値を養うのには一番手っ取り早いんだ。

とはいえ、そんなに深く考えずに

単純に自分がいいと思うことしたついでに

「たまには、ちょっとだけ、お願いをしてみる」

位の感覚で良いと思うぜ。

それが快く受け入れられば、1つの成功体験になるからな。

と、ひとまずは【稼ぐこと】に関しての話はこんなところだな。

自分がしっかりと価値を提供して、
相手に喜んでもらって、その上で得るものがある。

っていうのは、本当に素晴らしいことだし

是非君が興味があるならば、出来るようになってもらえればと思っている。

もちろん、無理に喜ばせたり、

圧倒的に価値基準がずれているような事は良くないがな。

ココらへんで、突っかかる人こそ、

俺は本当に良い商売ができる才能がある。

って考えているぜ。

もし君が商売をやっていくことを考えているならば

一個人の意見として、

1つ覚えておいてもらえると嬉しい限りだ。

この記事を、君の人生の糧にしてくれることを期待する。

んじゃ。

PS、金曜日の夜20時から、パーソナルジムを運営していて

経営者でも有るアキヒロとTwitter上でラジオだ。

目的意識やトレーナーの独立方法など、面白いことをたくさん話す予定だ。

アキヒロはすげーやつだから確実にチェックしておいてくれ!

みんなが気軽に楽しめる空間を作ったぜ。

匿名で俺に相談や質問をぶん投げられる、唯一の場だ。

気軽に聞きたいことを聞いて、良かったら一緒に楽しもう。

f:id:neethonne:20190408022536p:plain

この記事と合わせて、読んでもらいたい記事。

www.neetnohonne.com

www.neetnohonne.com

※過去に書いた記事はこんなんだ。

6年前にウェブで100万稼いだ方法を教える。

商売の肝を勘違いしてる、ネットビジネスのカス共 

ブログで稼ぎたいってやつにまず知ってもらいたい2つのこと。

ブロガーにおすすめの初手で数万円稼ぐ方法【閲覧注意】

俺がTwitterをやりはじめて、参考にしている人たち(その1)

Twitterの有料noteへ年商1億ニートが本音をぶちまける。

Twitterで主に活動してるから絡んでくれよな!!

twitter.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です